子どもたちに読書習慣をつけたいと思いつつ続けている「聞き読みタイム&クイズ」。単なる読み聞かせと違って、聞きながら文字を追う、つまり読書することから「聞き読み」と呼んでいます。本をプロジェクタ-で映すことにより「大きな絵本」のさらに巨大版となるため、全員が読めます。後半クイズをするということも手伝って、いつも思いのほか子どもたちが集中してくれるので助かっています。今日は例によって村上しいこさんの『テレビのずるやすみ』。村上さんの物語はいつも面白いので、これまた助かっています。

img_2332 20160905_171432_hdr
img_2344 img_2335
img_2359 20160905_171333
img_2382 img_2383